ブログ

子育てのバイブルに!!赤もち手帳

about_title

成長過程の子供は、親のいうことを聞きません。理解できない言葉やタイミングで話をしているからです。
しかし子供の「個性」と「才能」を理解し、その子供にマッチした言葉と方法で話すことで、より大きな信頼関係を築くことができ、結果として円滑な家庭生活、育児ができるものと考えています。赤ちゃんともちは、特に発信力の弱い0歳~4歳児を中心に、子育て世代の大人たちに相互の関わり方が、生年月日でわかる個性心理学となっております。

about_sub_title_1

「赤ちゃん」が表すものはお子さんの個性です。「お友だちとなんか違う…」「わかってくれない…」
こんな悩みは個性の違いが大きく影響しています。「赤ちゃん」の違いが明確になると、
「なぁんだ!そうだったのね」「じゃあ、こうすればいいんだ!」と解決策が見えてきます。

akakosei

それぞれの個性を詳しく見る

about_sub_title_2

「もち」が表すものはお子さんの持っている才能です。

「持っている才能を伸ばすにはどうしたらいいのかな?」
「何が向いているのかな?」こんな疑問が未来への期待に変わります。

akamoti02

それぞれの才能を詳しく見る

about_border

01

02

関連記事

ページ上部へ戻る