商品一覧

ベイシックシリーズ

常温保存可能な『生』のコラーゲンを贅沢に配合

ベイシックシリーズ

3重らせん構造そのままのコラーゲンを配合した、常温保存が可能の贅沢な逸品。お肌にのせた直後からコラーゲンの増殖が始まります。2時間後、3時間後、お肌で実感して下さい。

■生コラーゲンってなに?

コラーゲンは生体内にある時、通常は3重らせん構造をしています。また、コラーゲンは熱に弱く、抽出時の熱処理によって元の3重らせん構造が保てない性質があります。加熱などの処理によりコラーゲンは分解され、「加水分解コラーゲン」「ゼラチン」などの別の構造のたんぱく質に変化します。それを特殊な技術で3重らせん構造を壊さず抽出に成功したものが生コラーゲンです。生コラーゲンは、生体内に存在するままの構造を、壊すことなく保っているため、コラーゲン本来の保湿力が存分に発揮されます。今までのコラーゲン配合の化粧品と比べても、潤いとハリの違いに驚かされます。肌の上にのせるだけで自己組織化し、コラーゲン線維を形成して表面を覆います。化粧品としてだけではなく、美容整形領域のシワを伸ばす注入剤としても応用されつつあります。

 

■生コラーゲンでなぜ常温保存ができるのか・・・

ベイシックシリーズは変成温度の高い熱帯に生息する魚「テラピア」を原料としており、世界初の常温保存での化粧品化に成功しました。また、魚類は、人間と共通のウイルスもなく
安心安全な材料で、特殊な技術により魚臭はありません。

■今話題の幹細胞培養液

植物もまたヒトと同じく、傷ついた細胞を再生させる幹細胞を持っています。その中でもここ最近、最新美容のトピックスとして話題になっているのが、「ウトビラー・スパトラウバー(Uttwiler Spätlauber)」というリンゴの幹細胞。
ウトビラー・スパトラウバーは18世紀中期スイスで、「長期保存が可能なリンゴ」として品種改良されたモノ。4ヶ月間腐ることがないため、「奇跡のリンゴ」とも呼ばれています。
味が酸っぱいために生産量がごくわずかになってしまっていたウトビラー・スパトラウバーですが、研究者がその抗老化力に着目し、リンゴ幹細胞を化粧品に応用することに成功。人工培養によって広まりつつありますが、まだまだこのリンゴ幹細胞エキスは希少価値の高い美容成分なのです。

 

 

資料請求はこちらから

 

 

 

 

おすすめ情報

  1. 新商品「モンテ ヘッドエッセンス」

    ...
  2. パイラソード

    最新痩身機器 パイラソード 2017年5月15(月)デビュー※お申し込みは・・・info@t...
  3. 赤もち手帳お申込み

    以下のお申し込みフォームをご入力ください。
ページ上部へ戻る